喫煙欲求の持続時間

おそらく、喫煙経験が長ければ長いほど、禁煙のイライラは強いものとなります。
私自身、禁煙を始めた当初は、口数が少なくなったとか、顔色が悪くなったとか、怒りっぽくなったとか、
いわゆるニコチン切れの症状をよく周りから言われていました。

 

とは言っても、ここで諦めるわけにもいきません。
どうしても煙草を吸いたくなった時は、いくつか工夫をして乗り切るしかありません

ただ、経験上一つ言えるのは、自分の意思に反するくら強い喫煙の欲求が来ることもあります。
しかし、それは続いて5分~10分程度です。

その間、いかに気を紛らわせ、煙草の事を考えないようにするかが我慢の秘訣です。

 

注意は、煙草の事で思考を取られ続けると、5分~10分以上たってもどんどん吸いたい気持ちが
強くなってしまいます。無心を意識してください。
5分~10分を無心で耐えるための素朴だけど効果的な方法を案内します。

■禁煙を持続する工夫

方法その1:電子タバコ
方法その2:ガムを噛む
方法その3:禁煙パイポを使う
方法その4:深呼吸
方法その5:喫煙室にお邪魔する

Copyright(c) ストレスを使った禁煙方法 All Rights Reserved.