方法その2:ガムを噛む

煙草を止めるとどうしても口さみしくなります。
そんな時は、ガムをかむのがおすすめです。

例えば、メンソールの強いクロレッツ。

このガムは、噛み始めると30分味が続くというキャッチコピーの通り、
かなりの長い時間味が持続します。

ミントも強めなので、のどにもスッと爽快感が残っていて、
煙草を吸った時に喉に感じる『吸った感覚』に若干近いものがあります。
※個人差があります

 

しかも、口も動かすので飴よりはガムのほうが意識を噛むことに集中できるためお薦めです。

私は禁煙中はミント系のガムは強い味方でした。
フリスクのような、タブレットを試してみた事もありましたが、
一番はやっぱり噛むという事もあるガムでした。

ただ、最近のガムは噛みすぎるとお腹が緩くなるのもありますので注意してください。

Copyright(c) ストレスを使った禁煙方法 All Rights Reserved.