1週間~3ヶ月

■1週間を過ぎたあと

1週間を過ぎ、禁煙2週目・3週目になるにつれ、
煙草の欲求はどんどん少なくなっていきます。

ただ、まだ何かあるごとに吸いたくなる油断できない時期があります。
ストレスがない状態で始める禁煙はこのころに再発する場合が多いです。

普通に生活すれば1ヶ月に一度くらいは嫌なことが起こりますので、
その時に急激に煙草を吸いたくなって禁煙が終了します。

ストレスを使った禁煙方法では、ストレスがたまった状態で始めたので、
イライラも初日に感じていたものと同じになります。

イライラして煙草を吸いたくなっても、禁煙初日よりは楽なはずです。
禁煙初日のほうが煙草を吸いたい欲求は強かったはずなので。

このころにストレスを使った禁煙方法の意味が出てきます。

 

■1ヶ月~3ヶ月

だいぶ煙草の事を考えなくても生活できるようになります。
煙草のない生活にも慣れてきて、時間の使い方もなんとなくわかってくる時期になります。

そして、この頃になると、人の煙草の匂いを感じ取れるようになります
不思議と喫煙してた頃は煙草の匂いは気にならなかった(あんまり感じなかった)のに人の吸っている煙草の匂いや、タンスに入ってた自分の衣服などの煙草の匂いに敏感になります。

おそらく、こんな煙草は匂うものなのかと驚くと思います。
喫煙所近くを通るだけで、喫煙者の匂いがわかりますし煙草を吸っている部屋に入るだけで、髪に煙草の匂いが付く事ですらわかるようになります。

ただ、私の経験上、このころはまだ『煙草の匂い自体』はまだ嫌いな匂いとまではいきません。
むしろ、匂いを感じられるようにはなるものの、煙草の匂いはまだまだ心地よいものに感じます。

ただ、依存的な部分はだいぶ抜けているので、煙草を吸いたいという欲求に対して簡単に我慢する事が可能です
ここで注意は『もう3か月も辞めたから、一本くらい吸っても大丈夫』という悪魔の囁きが出てきたりするので貰い煙草には注意しましょう

Copyright(c) ストレスを使った禁煙方法 All Rights Reserved.