STEP4:禁煙を持続する工夫

方法その5:喫煙室にお邪魔する

更新日:

自ら吸わないことが重要

最終手段で、例えば近くに煙草を吸っている知り合いがいれば一緒に喫煙室について行ったり、
喫茶店などに入り、煙草は吸わないけれども喫煙スペースに座ったりすることです。

厳密にいえばニコチンは摂取してしまうのですが、
直接吸うより少ないですし、何より禁煙は続いているという意識が働き続けるのは大きいです。

これをする事により、煙草の習慣依存は少なくとも戻りません。
煙草の習慣依存はニコチン依存に近いものになります。人の癖がなかなか抜けないのと一緒ですね。
ニコチンを多少接種しても、折角辞めた煙草を吸うという行為を戻してはいけません。

ただ、できるだけ禁煙開始の初期だけにしておきましょう。

というか、おそらく初期しか続かないと思います。
禁煙が1週間を過ぎれ来ると、煙草の匂いが気になり始めるため、
そうなったときは、禁煙を維持させる工夫、その1~4の方法を実行しましょう。

-STEP4:禁煙を持続する工夫

Copyright© 成功する禁煙~ストレスを使った禁煙方法 , 2019 All Rights Reserved.