STEP4:禁煙を持続する工夫

方法その1:電子タバコ

更新日:

電子タバコVAPE

日本でも、クォリティの高い電子タバコが増えてきました。
電子タバコはVAPE(ベイプ)と呼ばれ、液体のリキッドを入れてそれを水蒸気にして楽しむものになっています。

ニコチン入りのリキッドは日本では手に入りません。
海外では手に入るので輸入したり、ニコチンの原液を取り寄せてVAPEに入れて吸う方もいるようですが、ニコチン自体はかなり毒性の強いものになるのであまりお勧めしません。

また、禁煙補助という意味ではニコチン入りのものを吸ってしまうとまったく意味がありません。
VAPEは極めて煙草を吸う感覚に近いため、習慣依存もニコチン依存も脱することが出来ないからです。

次世代電子タバコ「VP」

日本初の電子煙草ブランドのこのVP japanのこの電子煙草は、日本品質の電子煙草として安心して使えます。

他の電子煙草製品は、海外からの逆輸入品が多いなか日本ブランドを利用できるのは大変安心でき、禁煙の手助けをしてくれるでしょう、

用途に合わせたモデルラインナップ

料金もエントリーモデルからプレミアムモデルまで用途に合わせたものになっていて、エントリーモデルであれば本体価格2,800円から手に入れる事ができます。
現在のタバコの値段を考えても、電子煙草はとてもリーズナブルでお得です。

ただ、VAPEは気化させる煙の量等によって、味(フレーバー)の濃さや濃度が異なります。
エントリーモデルのVAPEは、煙量や熱量を調整することが出来なかったり、中に入れるリキッドがそれほど入れられなかったりもするので、折角ためすならVAPEも楽しみたい!
という方は、ある程度の値段のVAPEを購入したほうが良いです。

HOWS000018>

豊富な味とバリエーション

豊富なリキッドがそろっており、オーソドックスなメンソールから、チョコレートやコーラなど気分に合わせた利用も可能です。
気分に合わせて電子煙草を楽しむことができます。

使い方もとっても簡単

次世代電子タバコ「VP」

-STEP4:禁煙を持続する工夫

Copyright© 成功する禁煙~ストレスを使った禁煙方法 , 2019 All Rights Reserved.